2017年6月11日日曜日

6/10 ビブリオバトルレポート@安曇野市中央図書館

こんにちは。
ビブリオバトル信州の浅野です。
6/10(土)に安曇野市中央図書館にて行われたビブリオバトルのレポートします。

三秋 『君が電話をかけていた場所 
一番手は、工学部の三年生の方です。
顔の右半分にあざを持つ主人公は、密かにある女性に恋心を抱いていたが、あざという
コンプレックスの為にその想いを内に抑えて込んでいた。そんな中とある女性から「賭け
をしませんか?」という電話がかかってきた。その内容が、あざを消してみた上で想い
の女性の心を射止める事が出来ればあなたの勝ちというものだった。そんな主人公の恋を
描いた恋愛小説だそうです。

②西川 恵著 『知られざる皇室外交
二番手は、私浅野が務めました。
戦後から現代に至るまで、普段では語られない皇室外交の影での影響や諸外国では、まず
考えられないどの国にも平等にもてなすというルールのもと宮中晩餐会では最高級のフラ
ンスワインを提供するといった意外なエピソードがたくさん盛り込まれています。

③橘 みのり著 『トマトが野菜になった日
三番手は、工学部二年生の方です。
かつては、毒草として人々を苦しめたとされるトマトが世界一の野菜と呼称されるまでに
至った歴史についてを描いた本だそうです。その他トマトは「黄金のリンゴ」とも呼ばれ
るそうですが、その所以等のエピソード等も綴られているそうです。

④山口 雅也著 『生ける屍の死
最後四番手は、原さんが務めました。
アメリカのとある町を舞台にしたミステリー小説で、死人が生き返るという世界という普
段のミステリでは考えられない設定が取り入れられている点が最大の特徴だそうです。主
人公も一度犯人に殺されいるという設定であり、その犯人を追っていくストーリだそうです。




上記の本の中からチャンプ本として選ばれたのが
君が電話をかけていた場所』, 『トマトが野菜になった日のダブルチャンプでした。

以上、浅野による6/10 ビブリオバトルレポートでした。












2017年5月20日土曜日

5/18 ビブリオバトルレポート@信州大学工学部図書館

こんにちは。
ビブリオバトル信州の一之瀬です。
5/18に行われたつきいちビブリオバトルをレポートします。

①田崎晴明著『やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識
一番手は、原先輩が務めました。
この本は物理学者の方が書いているそうです。単位の大きさがいまいち把握できない「シーベルト」等のことについて中学生でも読める内容になっているそうです。また、特徴として孫引きをしないように書かれているそうです。この本はPDFで全文公開されているので、本を購入しなくても読むことが出来るそうです。

②村山由佳著 『アダルト・エデュケーション
二番手は、谷先輩が務めました。
この本は、女性向け雑誌の「ジンジャー」に掲載されていた12の短編から構成されています。ジンジャーが20代後半から30代前半の女性に向けてのものなので大人向けな話になっているそうです。中でも、官能的なシーンが緻密に綴られているそうです。読む時はぜひ、一人で読んでいただきたいそうです。

③美影サカス著 『イマドキ・エジプト神
三番手は、私、一之瀬が務めました。
この本はタイトルのように、現代にエジプトの神々が現れ、生活をしていきます。
4コマ漫画なので、時間がない時でも読むことが出来ます。
ちなみに、エジプト審は一部の神を除いて喋らず、行動で感情を表現しています。

④シュウ・エジマ著 『クイック・ドロウ』
四番手は、黒岩さんが務めました。
この本は、頭の中で情報の書き換えをすごくする書き方で文章が綴られているそうです。本の中で色々な映画が取り上げられるそうなので、映画の知識があるとさらに深く楽しめるようです。また、この本の題名は、映画で存在するクイック・ドロウ(早撃ち)とはまったく異なる意味だそうです。


上記の本の中からチャンプ本として選ばれたのが
『イマドキ・エジプト神』です。
以上 一之瀬による5/18 ビブリオバトルレポートでした。



2017年4月22日土曜日

4/22 ビブリオバトルレポート@信州大学中央図書館

こんにちは。
ビブリオバトル信州の一之瀬です。
4/22に行われた「春の新歓スペシャル!」をレポートします。

①野口恵子著『失礼な敬語 誤用例から学ぶ、正しい使い方
一番手は、私一之瀬が務めました。
この本はいくつかの章に分かれており、自分の気になるトピックから読み進めることが可能です。日常会話でよく聞く「こちらの商品は2500円になります」や「800円のお返しになります」も実は間違った敬語の使い方であったことがこの本を読むと明らかになります。目上の方と接する機会の多い方は読んでみてはいかがでしょうか。

②貴志祐介著 『極悪鳥になる夢を見る
二番手は、倉又君が務めました。
この本は、『新世界より』や『悪の教典』の作者として知られている貴志祐介さんのエッセイ集です。貴志祐介さんが普段どのような生活をされているのか、様々な作品を執筆した際に考えていたことが綴られているそうです。また、貴志祐介さんは登場人物の名前にも凝るそうです。

③いけだたかし著 『34歳無職さん
三番手は、原先輩が務めました。
この本の主人公はあることから、1年間無職で生活をし始めるそうです。巻を進めていくと主人公には実は娘がいたり、なぜ主人公が無職生活を始めたのかが明らかになっていくそうです。
一番インパクトのあった話は、主人公がほぼ一日寝たまま過ごし、一言も言葉を発せずにその回が終了してしまうものだそうです。

④坂元宇一郎著 『琉球王朝の謎99』
四番手は、浅野先輩が務めました。
この本では、沖縄(琉球)に関する99の謎について書かれているそうです。「首里城の色は赤か黒のどちらかに塗装しようとしていた」や「メンソーレの語源は古文からきている」等、様々な事に関して書かれているそうです。
色々な沖縄に関する豆知識もあるので、沖縄旅行に行く際に持っていくと良さそうです。

上記の本の中からチャンプ本として選ばれたのが
『失礼な敬語』です。
以上 一之瀬による4/22 ビブリオバトルレポートでした。


2017年2月23日木曜日

2/23 ビブリオバトルレポート@信州大学工学部図書館

こんにちは。
ビブリオバトル信州の浅野です。
2/23に行われたつきいちビブリオバトルをレポートします。

①J・K ローリング, ジョン・ティファニ, ジャック・ソーン共著 『ハリーポッターと呪いの子
一番手は、土木工学科の方です。
ハリーポッターシリーズの8番目の物語で、第1部作から19年後の世界を描いた作品だそうです。
主人公は、ハリーポッターの2番目の子供であるアルバスで、頑固な性格であるが、その考えを
改めて悪の魔法使いを倒すという物語だそうです。

②川端裕人著 『研究室に行ってみた。
二番手は、原君が務めました。
最前線で研究を行っている研究者へインタビューを行って、なぜ研究者になろうと志したのか?
やその研究内容等に関して、6人の人の意見をまとめた本となっているそうです。
特に、地理学を専攻している堀信行さんのインタビューでの地理学は、どんなものも研究対象に
できるという部分が印象的だそうです。

③ジーナ・コラータ著 『ニューヨークタイムズの数学 数と式にまつわる110の物語
三番手は、私浅野が務めました。
英字新聞であるニューヨークタイムズに寄せられた数学にまつわるコラムをまとめた本で、数学
とは何かから始まり、数学者の苦悩の歴史等をまとめており、1コンテンツ約5ページと短く読み
やすい構成となっているという特徴もあります。おすすめは、トランプのシャッフルは何回が妥当
か?です。

④マレイ ラインスター著 『黒い宇宙船
四番手は、前回のつきいちビブリオバトルにも参加してくれた一般の方です。
SFこども図書館シリーズの1冊で、始まりは、高速宇宙船 スターシャインによって人類が移住可能
な惑星を発見し、宇宙開発に対する関心が人類内で高まった。しかし、その惑星は、人類以外の地球
外生命体が存在している事が発覚し、宇宙船船長は、警鐘を鳴らすが、聞きいれてもらえず火星で
隠遁生活を送っていた。そんな中、船員2人によって船長を救いに宇宙船で駆けるというお話だそう
です。見所は、宇宙人との戦闘シーンだそうです。

上記の本の中からチャンプ本として選ばれたのが
研究室に行ってみた。です。

以上 浅野による2/23 ビブリオバトルレポートでした。






2017年1月19日木曜日

1/19 ビブリオバトルレポート@信州大学工学部図書館

あけましておめでとうございます。
ビブリオバトル信州の原です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

1月19日に信州大学工学部図書館で行われたつきいちビブリオバトルの模様をレポートいたします。信州大学工学部図書館では毎月1回ビブリオバトルが開催されています(http://www.shinshu-u.ac.jp/institution/library/engineering/use/bibliobattle.html)。

折原 一グランドマンション
一番手は毎回参加してくださっている工学部2年生の方。
この本は短編のミステリ小説集だそうです。全6つの話が入っています。
ミステリ小説に求められる逼迫した状況と、それに対するどんでん返しがうまく盛り込まれた小説であるそうです。
「心の旅路」という短編がおすすめだそうです。

西川 恵著知られざる皇室外交
二番手は浅野さん。
皇室の外交活動について書かれた新書を紹介してくださいました。
政治から離れた存在である皇室。
この本によると、皇室には他国の王室にはない特殊性があるそうで、
この本で初めて知ったことも多かったそうです。

③西餅著『ハルロック
三番手は、原が務めました。
今回私が紹介したのは電子工作マンガです。
主人公の向坂晴の趣味は電子工作。
幼少期にドライバーでなんでも分解していた彼女は、高校時代に電子工作に目覚めます。時折、彼女が電子工作で行った発明がトラブルを起こしたり...。
そんな電子工作ライフをエンジョイしている彼女の生活が描かれたマンガです。

④マシュー グッドマン著『ヴェルヌの八十日間世界一周に挑む 
トリは社会人の方が務めてくださいました。
ヴェルヌの「八十日間世界一周」という近未来SF小説では「八十日間で世界を一周することが可能になるだろう」というヴェルヌの予言が描かれていました。
この本はヴェルヌの「八十日間世界一周」をなぞり、19世紀に実際に八十日間で世界一周に挑んだ女性記者を描いたノンフィクション作品だそうです。この企画に挑戦した記者は二人の女性記者で、それぞれ異なるルートで世界一周に挑みます。
旅路の描写だけでなく、二人の女性記者のその後の対照的な人生に面白さがあるそうです。

上記の本の中から今回チャンプ本に選ばれたのは
 ヴェルヌの八十日間世界一周に挑む
でした

以上、原によるビブリオバトルレポートでした。




2016年12月16日金曜日

12/15 ビブリオバトルレポート@信州大学工学部図書館

こんにちは。
ビブリオバトル信州の浅野です。
12/15日に行われたつきいちビブリオバトルをレポートします。

①川上 未映子著 『すべて真夜中の恋人たち
一番手は、工学部の二年生の方です。
主人公の人見知りで酒を飲まないと会話が成立しないというふゆこ
と高校の物理教師のみつつかとの2人により描かれる恋愛小説だそうです。
一番面白いシーンとしては、8章の光についての会話のシーンだそうです。

②上田 勲著 『プリンシプル オブ プログラミング
二番手は、原さんが務めました。
プログラミングを作成する上で、重要な心構えや考え方を書いた本で
仕事などの他の分野にも活用できる実用書だそうです。

③シンシア・バーネット著 『雨の自然誌
三番手は、私浅野が務めました。
歴史、芸術、文明といった文化を雨をコンセプトにまとめた日誌
とも言える本です。カバー上に書かれている「雨は恋愛物語である」
という記述が特に印象的です。

④百田 尚樹著 『海賊とよばれた男
四番手は、前回のつきいちビブリオバトルにも参加してくれた一般の方です。
舞台は、太平洋戦争が終結した日本。石油会社を経営していた国岡鐵造の生き様
やGHQからの依頼でラジオ事業の創立に携わった歴史など描いた本だそうです。

上記の本の中からチャンプ本として選ばれたのが
海賊とよばれた男です。

以上 浅野による12/15 ビブリオバトルレポートでした。






2016年12月7日水曜日

11/25 ビブリオバトルレポート@信州大学工学部図書館

ビブリオバトル信州の原です。
今回は11月25日に信州大学工学部図書館で行われたつきいちビブリオバトルのレポートをお送りいたします。

碇 義朗 「スカイラインに賭けた男たち」
一番手は毎回参加してくださっている環境機能工学科の方。
日産自動車が生んだ名車スカイラインはいかに生まれたのかが綴られた本であるそうです。
ポルシェとスカイラインがレースで対戦したことがあり、その対戦がスカイラインを一躍有名にしたという話は初めて知りました。
                    
大崎 善生 「聖の青春」
二番手は土木工学科の方。
この本は夭折した天才棋士、村山聖を題材としたノンフィクション小説です。
村山聖は羽生善治と競い合った天才的な棋士で、村山棋士の将棋への情熱が感じられる小説だそうです。
2016年11月19日に映画も公開されているようです。
                    
モリー・グプティル・マニング 「戦地の図書館」
三番手は浅野さんが務めました。
第二次大戦中、ナチスドイツは意に沿わない書物を大量に焼却処分しました。
それに対し、アメリカは戦地にいる兵士のために、「兵隊文庫」と呼ばれる、ペーパーバックを送ります。この本はアメリカが行ったこの書物送付事業を歴史と共に追っていく本だそうです。
                    
シャノン ヘイル 「ふたりのプリンセス」
四番手は一般の方で、光芒祭のビブリオバトルを見に来てくださった方。
その名の通り二人のプリンセスが登場する小説です。
児童向けの小説ですが、怒涛の展開の連続で、
大人も楽しめる小説だそうです。 
                    
⑤トーマス・トウェイツ 「ゼロからトースター作ってみた結果」
最後を私、原が務めました。
この本はゼロからトースターを作ろうとした、トースタープロジェクトの全過程が書かれた本です。
「ゼロ」からというのは原材料から作ることを意味しており、著者は鉄は銅、プラスチックまでも自作しようと七転八倒します。その過程が面白いため、興味のある方はお手に取ってみてください。

今回のビブリオバトルでチャンプ本を獲得したのは、
ゼロからトースター作ってみた結果』でした。
以上、原によるビブリオバトルレポートでした。