2017年12月5日火曜日

11/19 ビブリオバトルレポート@Mウイング 地区決戦

こんにちは。
ビブリオバトル信州の一之瀬です。
11/19(日)に松本市Mウイングで行われた全国大学ビブリオバトル2017~首都決戦~の
地区決戦でのビブリオバトルのレポートをします。

①板垣巴留著『BEASTARS』
一番手は都留文科大学の佐々木さんです。
舞台は人間の代わりに動物たちが進化した世界で、動物たちはそれぞれの習性を受け継いでいるそうです。そのこともあり、この世界で一番大きな問題となっているのが、肉食動物と草食動物の共存問題だそうです。また、肉食動物が草食動物を食べることが法律によって禁じられているため、肉食動物は豆でたんぱく質を補給しているそうです。

②新将命著『働き方の教科書』
二番手は浅野先輩です。
この本の特徴はモチベーションの維持の仕方、自分にとっての師を見つけること、意識と態度についてなどについて述べられているそうです。
また、この本はモチベーションなどの精神論的な面で就活に役立つそうです。
浅野先輩にとって一番心に残った部分は、運というものを仕事に対して解釈したところだそうです。

③飯倉章著『第一次世界大戦史 諷刺画とともに見る指導者たち』
最後は倉又君です。
日本であまり話題として挙がらない第一次世界大戦について書かれている本で、普通は民衆の目線から歴史をかえりみますが、この本では指導者の目線から歴史を顧みているそうです。また、タイトルにもあるように諷刺画からも学び取ることが出来るそうです。
この著者の方は、日本が他国からどのように見られていたかをよく執筆しているそうです。

上記の本の中からチャンプ本として選ばれたのが
『第一次世界大戦史 諷刺画とともに見る指導者たち』でした。

倉又君、首都での本選頑張ってきてください!

以上、一之瀬による11/19ビブリオバトルレポートでした。

2 件のコメント:

  1. こんにちは!
    次にいつビブリオバトルがあるかはどこで見ればわかりますか?

    返信削除
    返信
    1. こんにちは!
      信州大学 工学部図書館で行っているビブリオバトルはこちらのサイトから確認することが出来ます。
      http://www.shinshu-u.ac.jp/institution/library/engineering/news/

      削除